So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

Lefty Awards候補作発表(その3) [洋書]

Lefty for Best Debut Mystery Novel.

Tracy Clark, Broken Places (Kensington Books)

Broken Places (A Chicago Mystery)

Broken Places (A Chicago Mystery)

  • 作者: Tracy Clark
  • 出版社/メーカー: Kensington
  • 発売日: 2019/04/30
  • メディア: マスマーケット


A.J. Devlin, Cobra Clutch (NeWest Press)

Cobra Clutch (Hammerhead Jed Mystery)

Cobra Clutch (Hammerhead Jed Mystery)

  • 作者: A. J. Devlin
  • 出版社/メーカー: Newest Pr
  • 発売日: 2018/04/15
  • メディア: ペーパーバック


A.J. Finn, The Woman in the Window (William Morrow)

The Woman in the Window: The Top Ten Sunday Times Bestselling Debut Crime Thriller Everyone is Talking About!

The Woman in the Window: The Top Ten Sunday Times Bestselling Debut Crime Thriller Everyone is Talking About!

  • 作者: A. J. Finn
  • 出版社/メーカー: HarperCollins Publishers Ltd
  • 発売日: 2019/09/05
  • メディア: ペーパーバック


Dianne Freeman, A Lady’s Guide to Etiquette and Murder (Kensington Books)

A Lady's Guide to Etiquette and Murder (A Countess of Harleigh Mystery)

A Lady's Guide to Etiquette and Murder (A Countess of Harleigh Mystery)

  • 作者: Dianne Freeman
  • 出版社/メーカー: Kensington
  • 発売日: 2019/05/28
  • メディア: ペーパーバック


Aimee Hix, What Doesn’t Kill You (Midnight Ink)

What Doesn't Kill You (Willa Pennington, PI)

What Doesn't Kill You (Willa Pennington, PI)

  • 作者: Aimee Hix
  • 出版社/メーカー: Midnight Ink
  • 発売日: 2018/01/08
  • メディア: ペーパーバック


Keenan Powell, Deadly Solution (Level Best Books)

Deadly Solution (A Maeve Malloy Mystery)

Deadly Solution (A Maeve Malloy Mystery)

  • 作者: Keenan Powell
  • 出版社/メーカー: Level Best Books
  • 発売日: 2017/12/22
  • メディア: ペーパーバック


J.G. Toews, Give Out Creek (Mosaic Press)

Give Out Creek

Give Out Creek

  • 作者: J. G. Toews
  • 出版社/メーカー: Mosaic Pr
  • 発売日: 2018/05/01
  • メディア: ペーパーバック



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

Lefty Awards候補作発表(その2) [洋書]

Lefty for Best Historical Mystery Novel (Bruce Alexander Memorial) 1960年以前の出来事を描いたミステリーが対象

Rhys Bowen, Four Funerals and Maybe a Wedding (Berkeley Prime Crime)

Four Funerals and Maybe a Wedding (A Royal Spyness Mystery Book 12) (English Edition)

Four Funerals and Maybe a Wedding (A Royal Spyness Mystery Book 12) (English Edition)

  • 出版社/メーカー: Berkley
  • 発売日: 2018/08/07
  • メディア: Kindle版


David Corbett, The Long-Lost Love Letters of Doc Holliday (Black Opal Books)

The Long-Lost Love Letters of Doc Holliday

The Long-Lost Love Letters of Doc Holliday

  • 作者: David Corbett
  • 出版社/メーカー: Black Opal Books
  • 発売日: 2018/08/18
  • メディア: ペーパーバック


Laurie R. King, Island of the Mad (Bantam Books)

Island of the Mad (Mary Russell & Sherlock Holmes)

Island of the Mad (Mary Russell & Sherlock Holmes)

  • 作者: Laurie R. King
  • 出版社/メーカー: Allison & Busby
  • 発売日: 2019/01/24
  • メディア: ペーパーバック


Sujata Massey, The Widows of Malabar Hill (Soho Crime)

The Widows of Malabar Hill (A Mystery of 1920s India)

The Widows of Malabar Hill (A Mystery of 1920s India)

  • 作者: Sujata Massey
  • 出版社/メーカー: Soho Crime
  • 発売日: 2018/11/20
  • メディア: ペーパーバック


Ann Parker, A Dying Note (Poisoned Pen Press)

A Dying Note (Silver Rush Mysteries)

A Dying Note (Silver Rush Mysteries)

  • 作者: Ann Parker
  • 出版社/メーカー: Poisoned Pen Press
  • 発売日: 2018/04/03
  • メディア: ペーパーバック


Iona Whishaw, It Begins in Betrayal (Touchwood Editions)

It Begins In Betrayal (A Lane Winslow Mystery Book 4) (English Edition)

It Begins In Betrayal (A Lane Winslow Mystery Book 4) (English Edition)

  • 出版社/メーカー: Touchwood Editions
  • 発売日: 2018/04/10
  • メディア: Kindle版



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

Lefty Awards候補作発表(その1) [洋書]

アメリカの西海岸から大陸を半分行ったところあたり迄のミステリファンの集まりLeft Coast Crimeは今年のLefty Awardsの候補作を発表した。カテゴリー別に紹介しよう。
Lefty for Best Humorous Mystery Novel.
:
Ellen Byron, Mardi Gras Murder (Crooked Lane Books)

Mardi Gras Murder: A Cajun Country Mystery (Cajun Country Mysteries)

Mardi Gras Murder: A Cajun Country Mystery (Cajun Country Mysteries)

  • 作者: Ellen Byron
  • 出版社/メーカー: Crooked Lane Books
  • 発売日: 2018/10/09
  • メディア: ハードカバー


Kellye Garrett, Hollywood Ending (Midnight Ink)

Hollywood Ending (Detective by Day Mysteries)

Hollywood Ending (Detective by Day Mysteries)

  • 作者: Kellye Garrett
  • 出版社/メーカー: Midnight Ink
  • 発売日: 2018/08/08
  • メディア: ペーパーバック


Timothy Hallinan, Nighttown (Soho Crime)

Nighttown (A Junior Bender Mystery)

Nighttown (A Junior Bender Mystery)

  • 作者: Timothy Hallinan
  • 出版社/メーカー: Soho Crime
  • 発売日: 2019/10/08
  • メディア: ペーパーバック


Leslie Karst, Death al Fresco (Crooked Lane Books)

Death al Fresco: A Sally Solari Mystery

Death al Fresco: A Sally Solari Mystery

  • 作者: Leslie Karst
  • 出版社/メーカー: Crooked Lane Books
  • 発売日: 2019/02/12
  • メディア: ペーパーバック


Cynthia Kuhn, The Spirit in Question (Henery Press)

The Spirit in Question (Thorndike Press Large Print Clean Reads)

The Spirit in Question (Thorndike Press Large Print Clean Reads)

  • 作者: Cynthia Kuhn
  • 出版社/メーカー: Thorndike Pr
  • 発売日: 2019/02/06
  • メディア: 図書館


Catriona McPherson, Scot Free (Midnight Ink)

Scot Free (Last Ditch Mystery)

Scot Free (Last Ditch Mystery)

  • 作者: Catriona McPherson
  • 出版社/メーカー: Midnight Ink
  • 発売日: 2018/04/08
  • メディア: ペーパーバック



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

国分寺のArt x Jazz M’s [ジャズ喫茶]

Ms01.JPGここは以前にT'sという名でジャズライブをやっていたところだが今度はM'sという名で再オープンした。斜めのガラス窓から中の様子が見えるのが特徴。Ms02.JPG
入り口。
Ms03.JPG
グランドピアノとスピーカー
Ms04.JPG
オーディオアンプ
Ms05.JPG
CDコレクションと日本酒
Ms06.JPG
棚にはオブジェが


店のWebぺーじはこちら
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第288回Seabird2金セッション(1月11日)報告(その2) [音楽]

190111009.JPGKenny Dorham作曲のLotus Blossom。先月はオリジナルバージョンでやったのだが、頭の3連符連続から4ビートに移るところですっとこどっこいとトリッキーになったので、今回は3連符のない2ndリフをテーマとするバージョンで行く。何の引っ掛かりもなくスムーズにいく。
190111010.JPG
190111011.JPGベースの榎本君
190111012.JPGトランペットの岩井さん
190111013.JPG
190111014.JPG次はスタンダード曲だけど2金では初めてか? I’s You or No Oneピアノは池田さんにお願いした。
190111016.JPGSaigottimoは例年正月に歌うのはCharlie ChaplinのSmile。
190111019.JPG
以下は歌手位置写真のSaigottimo Shot
190111019-1.JPG190111019-4.JPG190111019-3.JPG190111019-2.JPG190111020.JPG出雲井さんの歌、Se Todos Fossen Iguais A Voce。
190111021.JPG
もう一曲はご存知Agua De Beber
190111022.JPG
190111024.JPG最後の曲はInvitation。アフロにするなどいろんなバージョンがあるが、今回はJoe Hendersonバージョンでゆったりとした4ビートで気持ちよく。

2月の2金セッションは2月8日です。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

第288回Seabird2金セッション(1月11日)報告(その1) [音楽]

アラ古希バンドは滲みる寒さに負けないぞ号のタイトルで始めた第288回です。
190111002.JPG
1st Stage1曲目はこのところ毎回続けてやっているスタンダード曲Close Your Eyes。ソロは岩井さんのトランペット、加藤君のテナーサックス、私のピアノ、榎本君のベース、4バースで小島さんのドラム。
190111003.JPG2曲目は2金では新曲Wayne Shorterが作ったジャズロック曲Tom Thumb。
190111004.JPG
出雲井さんの1曲目はスタンダード曲You Stepped Out Of A Dreamをボサノバで。ソロは岩井さん。
190111005.JPG次もスタンダード曲When Lights are Low。お客さんで見えていた出雲井さんの歌のお友達池田さんがピアノも弾くというので参加いただく。イントロからエンディングまでしっかりとしたピアノが気持ちいい。ソロは加藤君のテナーサックス、池田さんのピアノ、榎本君のベース。190111006.JPG池田さん。
190111007.JPGこれも2金では新曲でWayne Shorter作曲のHouse of Jade。むつかしいコード進行のバラード。四苦八苦する。
190111008.JPG1ステージ目の最後はKenny Dorhamが作ったShort Story。アフロリウムのイントロからテーマに入り、サビは4ビート。快適テンポでスイングする。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

丸善丸の内本店の洋書バーゲンの収穫 [洋書]


Dare Me: A Novel (English Edition)

Dare Me: A Novel (English Edition)

  • 出版社/メーカー: Reagan Arthur Books
  • 発売日: 2012/07/31
  • メディア: Kindle版



Blood Wedding (English Edition)

Blood Wedding (English Edition)

  • 出版社/メーカー: MacLehose Press
  • 発売日: 2016/07/07
  • メディア: Kindle版



Redemption Road

Redemption Road

  • 作者: John Hart
  • 出版社/メーカー: John Murray Publishers Ltd
  • 発売日: 2017/02/09
  • メディア: ペーパーバック



I See You

I See You

  • 作者: Gregg Hurwitz
  • 出版社/メーカー: Sphere
  • 発売日: 2017/10/19
  • メディア: ペーパーバック


以上4冊。むかしはバーゲンというと10冊は買っていたんだがなあ。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

丸善丸の内本店の洋書バーゲンに行ってきた [洋書]

MaruzenBargain2019-1.JPG毎年恒例の丸善丸の内本店の洋書バーゲンに行ってきた。入り口横には例によって大ポスターが貼ってある。MaruzenBargain2019-2.JPGバーゲン会場はいつもの4階ギャラリーで、窓際にズラリとプラスチックケースがテーブルの上に2重に並べられていて、更に床にも並んでいる。写真では明るくしすぎて人ばかり写って肝心のペーパーバックが写ってないのが残念。床の箱の中を見るのは腰が痛いので今回は断念した。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

加古川の乙粋 [ジャズ喫茶]

乙粋01.JPG加古川市役所の近くに店がある。6月に結構歩いてようやく店を発見したらなぜか休み。営業中の時間だったが入り口が閉まっていた。残念。乙粋02.JPG乙粋03.JPG仕方なく入り口の看板だけ撮影して退散。

7月に再チャレンジしたら今度はオープンしていて、名物のカレーを頼んだ。控えめの音量ながらちゃんとジャズが流れている。乙粋04.JPGレコードやCDのコレクションはなく、有線かと思ったら違った。この場所を借りるときスピーカーが居抜きでついてきたのでせっかくなら好きなジャズを流そうとUSBの音楽データを再生しているとのこと。乙粋05.JPG乙粋06.JPG今どきのカフェインテリアだ。乙粋07.JPGカレーが美味。
ショップカードは大判。乙粋08.JPG乙粋09.JPG

食べログのページはこちら

訪問:2018/7
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

加古川のIRES [ジャズ喫茶]

Ires01.JPGJR山陽本線の加古川駅から加古川線に乗り換え1駅目、日岡駅を降りて、線路と並行に走る小川沿いに加古川方面にしばし戻って、川に沿って東に曲がり、次に南に曲がるときにはまっすぐ行って、学校の南の道をまっすぐ行く。加古川北高校の端で南に折れると店が見えてくる。田んぼの真ん中にでんと構えた建物がすごい。
Ires02.JPG行く。1階の入り口には1Fがジャズ喫茶で、2Fはコーヒー専科とある。1Fの店に行ってみると、2Fの店に行けと張り紙がある。そこで2Fに上がるとこれは広い喫茶店で、
Ires03.JPGオーディオ装置もちゃんとしているようだ。Ires04.JPGそこにいた女性に話しかけると、電話をかけてジャズ喫茶のお客さんが来たと連絡している。その昔はここが満席になるほどお客さんで一杯だったが、今はほとんど来ないのでジャズ喫茶はお客さんが来たら開けるということにしているそうだ。主人が現れたので1Fに降りる。Ires05.JPG店に入ると広大なスペースに巨大なスピーカー群とアンプがところ狭しと並んでいる。Ires06.JPGIres07.JPG
広さを持て余したように帆船の大きな模型が飾られている。Ires08.JPG
椅子の座り心地もよい。Ires09.JPG
オーディオ装置群。Ires10.JPGスピーカーの間に置かれているのはイオン発生装置でこれで音がよくなるそうだ。Ires12.JPGパワーアンプ群。Ires13.JPGミュージシャンの人形が楽しい。
外から店を見るとこんな雰囲気。Ires14.JPG店主とジャズ談義オーディオ談義で話が弾む。そろそろお暇しようとすると、加古川駅まで送っていくというので車で送っていただきました。結構遠いので感謝です。

食べログのページはこちら

訪問:2018/5
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -