So-net無料ブログ作成
検索選択
ハギシリ ブログトップ
前の10件 | -

安保法制反対デモに行ってきた [ハギシリ]

demo0715-2.JPG今回の安保法制強行採決にはいてもたってもいられず、デモに参加した。国会議事堂前でやっているだろうという情報だけで行ったら、正門前の歩道に沢山の人がいた。demo0715-1.JPGこれはどこかの宗教団体で、太鼓を叩きながら南無妙法蓮華経ととなえていた。ここから憲政記念館の敷地を取り囲むようにして歩道にずらっと座り込んでいる。demo0715-3.JPGそれぞれ数十人のグループはどこかの団体らしくて、どうもその中に入って行きにくい。
この周りに沿ってぐるぐる回って歩いていたら、同じように歩いている人がたくさんいる。どこの団体にも属さないけどきてしまった人たちが多いのだね。途中プラカードを配る人がいたので一枚もらってそれを抱えながら歩くとようやく参加した心持ちがした。また来よう。

JRの新型自動改札機 [ハギシリ]

JR新型自動改札.JPG横浜線長津田駅の自動改札が新型に切り替わり、12月18日から成瀬駅のものも切り替わった。これがその説明なんだけど、奥にあるディスプレイに何も表示されない。今までは、引き落とされた金額と、残額が表示されていたのに(私鉄の自動改札はまだこの方式だ)不便になったと思っていたら、実はICカードをタッチするパネルのすぐ奥にあるディスプレイに表示されていることがわかった。これでは数字を横から見ることになるし、何よりも改札通過スピードが遅くなるのではないか。自動改札機の導入は関西で1970年代から始まっていて、東京に持ってきた時、改札を通過する人の数とスピードがついて行かず、改造を余儀なくされたはず。私鉄と表示場所が違うのも問題だ。それとも私鉄もこれと同じタイプに変わるのだろうか。JRの自動改札は直前に通過した人の情報が次の人の通過時に表示されるというバグがあったのだが、これは治っているんだろうね。

Braviaのビス [ハギシリ]

BraviaBack.JPG前にSONYのBraviaの問題点について書いたのだが、音質に問題があると修理に来てもらったとき、まず最初はオーディオ基盤を交換し、その後スピーカーに問題ありとそれも交換した。そのとき裏ブタを開けるのに外したビス(ネジのことだね)の数が多かったこと。それだけ組み立てに手間が掛かるということだからコストが高くなっているのだ。保守性も悪いわけだが、設計者は全く保守性について考えてくれないと修理員は嘆いていた。ビデオ出力端子を削っておいて、こんなところではコストを掛けるというのは納得できないなあ。最近のパソコンはビス1本だけで中までバラせるようになっているぞ。 

BRAVIA F5が来た [ハギシリ]




使っているトリニトロンテレビが見ているといきなりプチンと電源が切れ、数十秒でまた点くという症状が出だして早、数年。風で古いアンテナが倒れたときにUHFアンテナを地上デジタル受信方向にセットし、2年後に無くなるアナログ放送用VHFアンテナは数年前に建ったマンションが邪魔で映りが悪い。だからこのテレビは殆どアナログBSと映りのマシなチャネル用になっていた。この際、液晶テレビに変えてしまおうとネットで注文したら翌日に届いたのだった。
奥行きが格段に薄くなったのはうれしいし、後ろの接続とブースターの調整に少してこずったが地デジもBSデジタルもきれいに映って満足。 問題はこのテレビのチューナーを利用した録画が出来ないこと。つまり、テレビに映る放送を古いビデオに録画することが出来ないのだ。前にSONYの20インチ液晶テレビではこれが出来たので、地デジやハイビジョンをVHSに録画して画質はかまわず、とりあえず内容だけ見ることにしている。今度のテレビはDVDレコーダ(アナログ)を接続しているのでVHSよりきれいに録画できるだろうと楽しみにしていたのだが。録画したければブルーレイレコーダーかHDDレコーダーを買えというSONYの戦略なのだな。一部の消費者だけを相手にする姿勢は元からあったけど、これは露骨に差別しているね。
不機嫌になってテレビを見ていると今度は音質の悪さが気になってきた。薄っぺらい音でしかも歪んだ音は20インチのテレビより劣る。これもスピーカを追加しろということだろうか?
もうひとつ画面の下のロゴが画面表示と同時に薄紫に光ることだ。テレビの画面に集中したいのに、気になって仕方が無い。もう既にブランドを確立しているわけだから、ロゴは目立たなくてもいいはず。こんな姑息なことをする会社ではなかったと思うのだが。映画館やホールで非常口の表示に腹が立ったことがあれば、この腹立ちもわかるとおもう。
タグ:液晶テレビ

So-net blogの障害 [ハギシリ]

19日金曜日分をポストしようとしたらSo-net blogがダウンしてしまってアクセスが全く出来なかった。ほんとに技術に弱いSONYだね。blogが半日以上ダウンするなんて。この頃クリックしても画面が表示されるのに1分ぐらい掛かることも珍しくなくなっていたのでどこかで障害の種を抱えていたんだろうね。 メンテナンスで画期的によくなればいいんだけど、SONYに限ってそんなことは期待できないんだ。いつも小出しの改善だから。

一日空くのが悔しいから19日の日付でこれをポストしよう。


So-net blogのメンテナンス [ハギシリ]

もう既に何万人かの人が文句を書いているだろうけど、ワシも書きたい。
SONYはソフトやサービスの面でいつも立ち遅れているのが困ったもので、今回のメンテナンスもblogを2日以上ストップするという、blogとはどんなものかを全く無視したやり方に呆れてしまう。 今のサービスを止めずに機能を強化するにはどうしたらいいかを先に考えて、困難をひとつひとつクリアしていくというのが、顧客サービスだと思うのだがどうだろう。
さらに、今回のメンテナンス情報をblogを毎日更新している私が知らなかったこと。 25日に更新しようとしてメンテナンス中であることがはじめてわかったのだが、更新するために管理画面に入ったところでポップアップで知らせるとか、大文字点滅で知らせるとか、何とでもできたと思うが。
もう一点、メンテナンス終了時間が今まで守られたことがほとんど無いけど、今回はこれだけ長いメンテナンスだから、余裕を持って時間設定しているかと期待していたのだが、残念ながら10時再開の予定が15時まで遅れたわけだ。 プロジェクトマネージメントが出来てないんだね。
再開した直後の反応の遅さにも参った。ついあちこちクリックして画面が変わらないので、とうとうあきらめてしまった。
こうしてボディーブローのように薄れていく信頼を取り戻すのは容易なことじゃないぞ。

紀伊国屋の洋書バーゲンに行けない [ハギシリ]

新宿百貨店戦争を反映して、新宿タカシマヤも改装の嵐。そのあおりで毎年春にあるバーゲンが今年は予定情報も無い。 今年は駄目かなとあきらめていたところ、8月22日からバーゲンを行うとのこと。昨日が22日で初日だったのだが、体調があまりよくないから仕事は午前中で切上げて、午後ゆっくり本を見ようかと思っていた。 ところがその体調不良がそんな生易しいものではなかったようで、病院で長時間検査の挙句。自宅へ強制送還されてしまった。 疲れが溜まっていたところに夏風邪を引いたのだね、というお託宣でしばらく安静にして置くようにという。というわけで目下自宅軟禁状態なのです。最終日27日までに直るだろうか。
ランダムウォークの閉店セールや丸善のバーゲン、青山ブックセンターとブックファースト梅田店のアウトレットなどでいろいろ買ったので、TBRの山が増え、精力的に読んだ結果山は160冊まで減ったところだったから行けなくてもしょうがないか。


JR東日本と私鉄のカード共用 [ハギシリ]

ピンポーン、係員のいる窓口で精算してください!!! なんだって、JRと私鉄はカードが共用できるようになったはずだけど。 窓口に行ってみると、イコカは私鉄では使えない。 このカードは間違ってタッチしたということにしておくので、この紙をJRの窓口に出してくれ。ここでは精算できないので乗車駅からここまでの全額を払え、という。
SuicaがJR東日本に導入されたとき、定期ではなく普通のプリペイドカードの代りとして購入したのだが、その初日に改札に入るときエラー、到着駅で改札を出るときエラー、別の駅で入るときエラーになったものだから、こんなに未成熟技術のものは使うに値しないと、すぐさま返却した。 ところがオレンジカードは無くなり、イオカードも無くなるとあっては、JR乗車回数の多い私は凄く不便になる。2004年8月からJR西日本のICカードICOCAが、SUICA圏でも使えるようになったので、関西に行ったついでにICOCAを買って、関東、関西ともJRの乗車に使ってきたわけだ。JR西日本はICOCAを関西の私鉄地下鉄のICカードPiTaPaと相互に使えるようになったのが東京より1年早い2006年1月からで、特に宣伝はしていなくても後発なのだからICOCAでも東京で使えて当たり前と思っていた。
技術的には全部SONYの非接触ICカードFeliCaだから、少ない乗客のために決済の仕組みを作る手間が惜しかったんだろう。それならそれでちゃんと断り、いつからできるようになる予定、と発表すべきだよね。
ひょっとして全く予定が無いのだろうか。 


So-net blogの不具合はぜんぜん直ってないぞ [ハギシリ]

Shamus賞の候補作を、間違って2005年のものを報告してしまって、その訂正記事を27日に作り下書きにしておいた。 28日にそれを公開しようとしたら例のトラブルで、アクセスできませんと。 管理画面に戻ると下書き記事一覧が出るが、それをクリックすると、そんな記事はないと出る。 
最新記事一覧にはちゃんと出ているのだが、その記事がblogトップには表示されず、カレンダーも28日分がブランクのまま。なのに記事を見ていただいている人は増えているのでRSSフィードでごらん頂いているのだろうか。
このDB不整合はどこかで直るのだろうか。文句言わないと駄目かね。 

と書いてポストしたら、28日分も表示されるようになって、カレンダーもちゃんと埋まった。 下書き記事一覧にはまだ出ているんだけどね。


so-netのblogの調子が最悪 [ハギシリ]

前に書いたのと全く同じタイトルになってしまったが、重くなったので何か改修すると必ず更にトラブルを引き起こす。 これはプロジェクトマネージメントができていないからで、行き当たりばったりに対策しているように思える。 普通プロジェクト(今回のような改修プロジェクトでもいいけど)ではリスクを分析して、リスク状態になったときにとる方法を複数計画しておくものだ。 もしも今回のトラブルもリスクを考慮していたのだったら、全く甘すぎるとしか言いようが無い。 これが銀行システムなら社会的に大問題になるところだが、トラブルが起きても口座残高がおかしくなるというようなクリティカルなものではないから甘く見ているのだろう。そもそもパソコンフリーズしたらリセットしろなどという文化を作ったマイクロソフトが元凶なのかもしれない。


前の10件 | - ハギシリ ブログトップ