So-net無料ブログ作成
検索選択

暁斎展に行ってきた [アート]

Kyousai2017-4-1.JPG河鍋暁斎展を見にBunkamuraに行ってきた。Kyousai2017-4-2.JPG正統的絵から、鳥獣戯画をカラーにして奔放にしたもの、百鬼夜行図から大笑いものまでそのふり幅がすごい。こんな絵をさらさらと描かれたらジョサイア・コンドル(展覧会では英語読みでコンダーとしてあった)でなくても弟子になりたいと思うだろう。Kyousai2017-4-3.JPG最後の写真ディスプレイに暁斎の絵と自分自身が映り込むようにした記念撮影ガジェット
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

世田谷美術館「ぜんぶ1986年」展 [アート]

1986.JPG世田谷美術館オープンしたのが1986年で、それにちなんだ展覧会だ。知らない作品が多いけど、赤瀬川原平、藤森照信、南伸坊などが集まって活動していた路上観察学会の作品群が楽しい。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

花森安治展(その2) [アート]

HanamoriYasuji2.JPG編集者、グラフィックデザイナー、ジャーナリスト、コピーライター、暮らしの手帖の思想の根幹を作ったマルチタレントのレベルが高く、今だったら伊丹十三賞対象だ。この写真は記念撮影用に用意されているもの。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

花森安治展(その1) [アート]

HanamoriYasuji1.JPG世田谷美術館でやっていた花森安治展へ。この間朝ドラ、トト姉ちゃんで出てきたし、津野海太郎が書いた伝記を読んだばかりだったが、そこで想像していたより更にすごい仕事量に圧倒された。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

松尾貴史氏作の折顔 [アート]

Pannya17-03-1.JPG下北沢のカレー屋般゜若(パンニャ)は松尾貴史氏のプロデュースした店だが、そこに彼のつくった折顔が飾られている。これはヨーダに違いない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ピエール・アレシンスキー展@Bunkamura [アート]

PierreAlechinsky-1.JPG1927年生まれだから今年91歳になるけどまだまだ描いているらしい。1955年に日本に来た時には書道や禅画にも興味を持って、墨と和紙を使った作品もある。アイデアが浮かんだらキャンバスいっぱいになるまでどんどん描いて行くのは男草間彌生みたいだ。PierreAlechinsky-2.JPG作品の拡大版があって写真が撮れる。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

小磯良平描かれた花々展 [アート]

Koiso1611-1.JPG毎年秋に関西文化の日というイベントをやっていて、関西地区の美術館の入場料がタダになる。(例外もある)2016年は11月19日20日初日に神戸の小磯良平記念美術館に行ってきた。無料だったが、展覧会の内容を勘違いして、随分と静かな植物画が多数展示されていた。こんな絵も描いていたんだね。Koiso1611-2.JPGKoiso1611-3.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

六甲アイランドのアダムとイヴ [アート]

AdamAndEve.JPG神戸のJR住吉駅から無人運転の六甲ライナーに乗ってアイランド北口で降り、小磯良平記念美術館方面に歩いていくと途中にある彫刻。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

David Hockney版画展@町田市立版画美術館 [アート]

DavidHockney.JPG現代を代表するイギリスの美術家とパンフレットに書いてあるが今まで名前しか知らなかった。この間のダリの作品にびっくりしたのだったが、ここではそれを過去のものとしてポップアートになっているのが楽しい。版画工房との共同作業は浮世絵の絵師と彫り師、刷り師のコラボレーションの現代形でここではさらにコンピューターを使った作品にまで進んできているのだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ダリ展(その3) [アート]

Dali展5.JPG撮影用に作られた3Dオブジェ。鏡が置いてあるので撮影している私も映っている。Dali展6.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート