So-net無料ブログ作成
検索選択

松尾貴史氏作の折顔 [アート]

Pannya17-03-1.JPG下北沢のカレー屋般゜若(パンニャ)は松尾貴史氏のプロデュースした店だが、そこに彼のつくった折顔が飾られている。これはヨーダに違いない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ピエール・アレシンスキー展@Bunkamura [アート]

PierreAlechinsky-1.JPG1927年生まれだから今年91歳になるけどまだまだ描いているらしい。1955年に日本に来た時には書道や禅画にも興味を持って、墨と和紙を使った作品もある。アイデアが浮かんだらキャンバスいっぱいになるまでどんどん描いて行くのは男草間彌生みたいだ。PierreAlechinsky-2.JPG作品の拡大版があって写真が撮れる。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

小磯良平描かれた花々展 [アート]

Koiso1611-1.JPG毎年秋に関西文化の日というイベントをやっていて、関西地区の美術館の入場料がタダになる。(例外もある)2016年は11月19日20日初日に神戸の小磯良平記念美術館に行ってきた。無料だったが、展覧会の内容を勘違いして、随分と静かな植物画が多数展示されていた。こんな絵も描いていたんだね。Koiso1611-2.JPGKoiso1611-3.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

六甲アイランドのアダムとイヴ [アート]

AdamAndEve.JPG神戸のJR住吉駅から無人運転の六甲ライナーに乗ってアイランド北口で降り、小磯良平記念美術館方面に歩いていくと途中にある彫刻。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

David Hockney版画展@町田市立版画美術館 [アート]

DavidHockney.JPG現代を代表するイギリスの美術家とパンフレットに書いてあるが今まで名前しか知らなかった。この間のダリの作品にびっくりしたのだったが、ここではそれを過去のものとしてポップアートになっているのが楽しい。版画工房との共同作業は浮世絵の絵師と彫り師、刷り師のコラボレーションの現代形でここではさらにコンピューターを使った作品にまで進んできているのだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ダリ展(その3) [アート]

Dali展5.JPG撮影用に作られた3Dオブジェ。鏡が置いてあるので撮影している私も映っている。Dali展6.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ダリ展(その2) [アート]

Dali展3.JPG入口のポスター撮影可能な部分。
Dali展4.JPGずいぶん間が空いてしまった。
ダリというとぐんにゃり時計の人という風に認識してきたのだったが、この250点にわたる作品群にはびっくり。妻のガラの挑発に乗ってとびぬけた作品を作り、ガラがそれを面白がって更に挑発するという好循環に支えられてきたのだね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ダリ展(その1) [アート]

Dali展1.JPG国立新美術館でやっていたダリ展に行ってきた。2Dali展.JPG東京メトロ乃木坂駅から直結しているので便利。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

松方コレクション展@神戸市立博物館 [アート]

MatsukataCollection1.JPG
川崎重工の社長だった松方幸次郎は西洋美術を日本に紹介したいと、第1次大戦中ヨーロッパで精力的に収集し、1300点に及ぶものだったが、恐慌のあおりで散逸し、持って帰れなかった370点は2次大戦時フランスに没収され、松方が金を出して購入したものであるにもかかわらず、フランスの財産だと言って19点は返還されなかった。松方の計画はこれらのコレクションンを展示する美術館の建設するというもので、設計までされていたのだが、残念ながら実現しなかった。今回はフランスに没収された作品の中から5点が「貸与」という形で来ているのが腹立たしいが作品は素晴らしい。MatsukataCollection2.JPG普段はオルセーに展示してあるロートレックの作品。MatsukataCollection3.JPG浮世絵を含んだ120点教のコレクションがすごい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

鈴木基ー展@サントリー美術館 [アート]

Kiitsu01.JPGこの間来たときは休みだったので再挑戦。 江戸琳派酒井抱一の最高の弟子鈴木基一の作品展で、デザイン性が高く、技術もすごい。内外から140点ほど集めてあるから圧倒される。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート