So-net無料ブログ作成
検索選択
住まい・インテリア ブログトップ
前の10件 | -

日本伝統工芸展に行ってきた [住まい・インテリア]

NihonDentoKogeiTen.JPG三越でやっていた日本伝統工芸展に行ってきた。焼き物、塗り物、木竹細工、金工、着物、人形など入選作だけで全部で600点以上有ったらしい。ということは落選したものも入れると、工芸をやる人口が数千人いるということだろう。大型の花器などの需要はこれだけあるのだろうかと心配になる。他にも香合や短冊入れなど使われているのだろうか。普段の生活では見たこと無いけど。

倉敷のコンパクト雛飾り [住まい・インテリア]

KurashikiHinakazari.JPG倉敷伝統工芸館だったかに展示されていたコンパクト雛飾り。うちには本格的な階段式の飾りがあるのだが、女の子はいないし、わざわざ出してきて飾るのが面倒だ。こんなコンパクトなものなら出してきて飾るのも楽だろうなあ。

大阪の家具屋TRUCKとカフェBirdに行ってきた [住まい・インテリア]

Bird201504.JPG大阪の住宅街の真ん中、地図を見ながら言ってもわかりにくいところに、全国に名を轟かせている家具屋Truckがあって、そこが経営するカフェBirdが向かいにある。撮影禁止と入り口に注意が貼ってあるので、載せるのはBirdの入り口のみ。向かいのTruckは倉庫のような建物の2回にあって、大塚家具とは対極的な手作り家具がわくわくする。これを昔知っていたら家の家具をこれに統一したかったところだ。イスの座面の高さ、角度、クッション、背もたれの角度などが計算され尽くしてあって、長時間座れそうなのがいい。当然Birdの家具はTruckものだから、ランチを楽しみながら食卓のイスを感じることができる。TruckのWebページはこちら

ネズミ撃退器 [住まい・インテリア]

ネズミ撃退.JPG
ネズミ撃退器 SV-2256

ネズミ撃退器 SV-2256



ある晩、相棒がダイニングキッチンに入った所で悲鳴を上げた。ネズミがさささと逃げていったという。そういえば昔、天井で走るような音がしていたこともあるという話になり、早速ネズミ退治をネットで検索。昔ながらのネズミ捕り網もあったが、ネズミが嫌う超音波で撃退するという器具が色いろあることがわかった。値段もピンきりで、この程度ならダメでもいいかと購入したのがこれ。ネットのユーザーコメントは効くというのと効かないというのが半々のようだったが、取り付けてからネズミの姿も音もないから効いたのか? 緑のランプが超音波で赤のランプが電磁波だというが、ラジオへの干渉はないようだ。Seabirdでこの話をしていたら、何年か前に、効かないのに聞くと称して売りまくったという詐欺商法があったという。ええー、でもユーザーコメントは最近のものなので、これはちゃんと効くということではないのか、とひとしきり大騒ぎだった。

ピストル型目玉焼き器 [住まい・インテリア]

Gun Eggs (1).pngこれならどんどん許可していいぞ。

ナイフホルダー [住まい・インテリア]

Knife holder.pngいろんな種類の包丁を仕舞っておくホルダー。藁人形の代わりに使うと夢に出そうだね。

クリスマス2012 [住まい・インテリア]

XmasTree2012.JPG子供が出ていってから、夫婦二人だからクリスマスの飾りもしばらくやってなかったのだが、久しぶりにやってみた。面倒だと思っていたが、細くたたんだツリーを広げてオーナメントをぶら下げるだけだから、なんだ、簡単じゃないか。
ツリーの左にあるのは息子がデザイン制作した幻想的な照明で、ツリーの照明と合っていい雰囲気だ。だけど、この部屋は寒いから、一瞬点灯しただけで終了したのは惜しかったか。

Dexter inspired Dining Room(その1) [住まい・インテリア]

Dexteというのは、アメリカミステリー作家Jeff Lindsayが書いたミステリの主人公Dexter Morganのことで、マイアミ警察の血痕専門科学捜査官なのだが、実は殺人も得意にしているのだ。第1作のDarkley Dreaming Dexterを2006年に読んでいる。これを原作としたTVドラマrがヒットして日本でも話題になっているようだが、これはそれにインスパイアされたダイニングルームだという。dexter_01.jpgこんな部屋で食事はしたくないものだが。
前の10件 | - 住まい・インテリア ブログトップ