So-net無料ブログ作成
検索選択

中村文則がフィラデルフィアで開かれるNoirConに出演 [洋書]

NoirCon 2014という催しが10月29日から11月2日までPhiladelphiaで開かれ、ゲストスピーカーとして日本から中村文則が出演するらしい。
プログラムを載せておこう。彼が登場するのは11月1日土曜日10:10から11:00とのこと。

PROGRAM
Wednesday, October 29th
TBA Misconduct Tavern,1511 Locust Street 19102 www.misconduct-tavern.com, 215-732-5797

Thursday, October 30th
1:00 – 4:00 PM International House, 3701 Chestnut Street, 19104, www.ihousephilly.org, 215-387-5125
1. The Movie: The Prowler
2. Interview with Eddie Muller and Jared Case
TBA – 11:30 PM Philadelphia Mausoleum of Contemporary Art, 531 N 12th Street, 19123, www.philamoca.org, 267-519-9651

Friday, October 31st – Halloween
8:30 – 9:00 at Society Hill Playhouse, 507 S 8th Street, www.societyhillplayhouse.org, 215-923-0210 Registration
9:10 – 11:15 The Black Dahlia
11:30 – 12:30 Beyond Black: Bad Behavior and Outright Evil in Patricia Highsmith and Flannery O’Connor
12:30 – 1:40 LUNCH
1:45 – 2:30 Interview with Bronwen Hruska, SOHO Publisher
2:45 – 3:45 Ross MacDonald Panel
4:00 – 5:30 Three Minutes of Terror
Moderator: Joseph Samuel Starnes
8:00 – 11: 30 at Rembrandt’s Bar and Grill, 741 N 23rd Street, 19130 www.rembrandts.com, 215-763-2228
SOHO HALLOWEEN PARTY: Readings by Fuminori Nakamura, Stuart Neville (and as Ted Lewis). 9:15 Paul Oliver presents GET CARTER (The Movie) - Costumes optional

Saturday, November 1st at the Society Hill Playhouse 507 S 8th Street, www.societyhillplayhouse.org, 215-923-0210
9:00 – 10:00 Key Note Speaker - Eric Miles Williamson
10:10 – 11:00 Fuminori Nakamura
11:10 – 12:15 LOST DOGS
12:30 – 1:30 LUNCH
1:45 – 2:45 Politics of Noir
3:00 – 3:45 Jewish Noir
4:00 – 5:15 Existential Noir 7:00
Award Dinner at Penn Landing Caterers, 1301 S Columbus Blvd, 19147 www.pennslandingcaters.com 215-336-7404

Sunday, November 2nd at Society Hill Playhouse 507 S 8th Street, www.societyhillplayhouse.org, 215-923-0210
9:45 – 11:45 MOST EVIL - Steve Hodel
12:15 Hybrid Noir/Port Richmond Books, 3037 Richmond Street, 215-425-3385

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

otzi

こんにちは。

この件になるとなぜか動揺してしまう自分が可笑しい。最初に日本人作家デイヴィッド・グーディス賞授賞というニュースに接した時の動揺なんかハンパなかった(苦笑)。憧れのハリウッド女優が突然、赤の他人のしかも日本人男性と婚約した、みたいな? この日本でオレ以上にデイヴィッド・グーディスを愛しているものはいない……そんな「片思い」があっけなく裏切られた瞬間でもありました(苦笑)。

ともあれ、日本人作家がアメリカで選定されているミステリ賞を受賞するというのは大変な快挙には違いありません。惜しむらくは純文作家ではなくミステリプロパーの作家にやってほしかったんですが……。
by otzi (2014-08-21 09:27) 

jazmys

コメントありがとうございます。今回はゲストスピーカーとして招かれたというのが嬉しいところです。とは言うものの日本の小説は読まない私ですから、作品に踏み込んだ感想を言えないのが残念なところです。
by jazmys (2014-08-22 09:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。